上品に食べている場合じゃない

餡子…というか、小豆に目がない私ですが、羊羹だけはどうも苦手。嫌いなわけじゃないけど、自ら食べようとは思いません。勧められても、気は進みません。水ようかん、蒸しようかん、練りようかん…。いろいろ食べてみたけれど、どれも口に合いませんでした。

そんな私でも、唯一自ら食べたいと思うようかんがあります。『五勝手屋羊羹』という、一度聞いたら忘れないけど発音しづらそうな羊羹です。一般的な羊羹は小豆ですが、金時豆が使われているのも五勝手屋羊羹の珍しさ。でも何より特徴的なのは、赤い筒に入った形状です。

初めて食べる人は、食べ方に頭を悩ませるかもしれませんね。五勝手屋羊羹の容器には、上の方にヒモがついています。そのヒモを容器一周りさせると、封を開けることができます。それからフタをとって容器の底を押し上げ、ヒモで切り分ける…というのが本来の食べ方。

でも五勝手屋羊羹は、そんな上品に食べている場合じゃありません。この特徴的な形は、何のためだと思いますか?せっかくの特徴を生かさなければもったいない!

…ということで、容器の底を押し上げたら、出た分をかぶりつく。これこそ五勝手屋羊羹の醍醐味♪

※決して五勝手屋羊羹が筒状になっているのは、かぶりついて食べるためではありません。個人的な思いであることを、ご了承ください。

そうそう。自分から食べたいと思うようかんは、他にもありました。まりもをイメージした『まりも羊羹』もお気に入りです♪これも五勝手屋羊羹に負けず劣らず、見た目も食べ方も特徴的。まりもをイメージした形はコロンとしたピンポン玉。緑色は着色しているだけで、抹茶味ではありません。

そして食べ方は、お皿において爪楊枝などでプチッと一刺し